funeral procession

申請を行う

生活保護を受けている人が葬儀を執り行う場合は、葬祭扶助制度を利用することで免除してもらうことが出来ます。しかし、資格などの確認が必要になってくるので予め注意する必要があります。

Read More...

funeral procession

葬祭補助を受ける

生活保護を受給していた人が亡くなった場合、葬儀費用にあてられるようなお金が残されていないのが普通です。しかし、葬祭補助費の支給を受けることができますので人としての尊厳が守られた形で最後の見送りをすることができます。

Read More...

葬儀をおこなう

生活保護受給者への制度

funeral

生活保護を受けている方の中には、葬儀の費用が用意できない方も少なくはありません。贅沢な葬儀は上げることができなくても、火葬などの最低限の費用はどうしても必要です。そこで、日本では生活保護法にて、葬祭扶助制度というものを設けています。 葬儀後にこの制度を知ったというケースも少なくはないので、事前に知識として頭に入れておきましょう。総裁扶助制度では以下の費用の補助が受けられます。 遺体の運搬、火葬または埋葬、納骨、その他葬祭費です。これを受けることができれば最低限の供養をしてもらえます。 ただし、故人が生活保護受給者でも、葬儀を執り行う喪主に支払い能力がある場合は葬祭費が補助してもらえることはありません。

葬儀費用が安い業者へ

葬祭扶助は各自治体で支給していますので、当該者(生活保護を受けていた故人)が住民票をおいている各自治体にて確認してみてください。また、具体的な適用条件等は各自治体で異なりますので、概要は事前にチェックしておくことも大切です。 ただし、いずれの自治体でも補助額は最低限としているため、少額支給になります。それを踏まえると、安い費用で葬儀をしてくれる葬儀屋に依頼するのがいいでしょう。生活保護葬儀に実績がある業者ならスムーズに運んでくれますので、こちらも合わせて確認しておくことをおすすめします。 葬儀費用を支払った後では葬祭扶助制度を受けることができなくなってしまうので、早めに申請を出するようにしましょう。

funeral

簡素な形式の葬儀

最近は、葬儀にできるだけ費用をかけたくないと考える人が多くなってきたため、火葬式や家族葬が営まれるケースが増えています。火葬式は、生活保護の葬祭補助金の支給を受けて営むことができるため生活保護受給者の葬儀に適しています。

Read More...